読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーニャが水泡眼

たとえ高価なものでなくても、引越しの荷造りで気配りが必要なのは何といっても割れ物です。一瞬で傷ついたり、壊れたりするものなので、油断はできません。
ちょっとしたことで、割れ物も強度が増すようになります。包むものより一回り以上大きい新聞紙で、普通は一個ずつ底から包みますが、新聞紙を一枚ずつ丸めて、シワをつけておくと緩衝効果があります。持ち手がついているものは特に注意が必要で、その部分だけを先に包んでしまいましょう。


一回引越ししてみれば必ず行ってきたことですが、電気や水道と同じように、ガスの解約をすることになります。
引っ越し経験は私にもありますが、さほど難しくない手続きで解約できます。きちんと解約手続きを終わらせないと請求は自分のところに来てしまうので確実に終わらせてください。


こうしたケースでは、引っ越した後もその月の使用料は全て自分が支払わなければなりませんので、それも覚えておいてください。



無事に引っ越しを済ませて、住所が変わりましたらそれに伴い、運転免許証の住所変更手続きも必要になってきます。「免許証は所持しているだけで殆ど車は運転しない」という理由で、この次の更新時まで別にこのまま、放置で構わないと思っている人も大勢いるようなのですが、自動車運転時の携行義務としてだけはなく、使用する機会が割と多いのが運転免許証です。例えば、携帯電話を申し込んだり、機種変更をしたりする際は携行率の高さもあって、本人確認書類としてよく活躍しています。銀行の口座を開設しようとする時もよく使われています。


そういったこともあり、住所変更手続きは早めに行っておいた方が良さそうです。転居すると、書面やネット上で届け出ますが、結果として変更を迫られることもあります。

引越し後も固定電話を使う場合、番号が変わることがよくあるものです。引っ越しが決まったら、NTTに連絡してください。同じ電話回線を使い続けるために、必要な手続きは何か確認しておきましょう。ご存じの通り、固定電話の番号は、市外、市内局番、個別番号の順になっています。



引っ越し先が同じ市内局番エリアであれば、同じ電話番号を使うことができます。


引っ越しの計画を立てるなら、まず業者選びもしてしまいましょう。

引っ越し業者の数はとても多く、どこを利用したらいいのか正直よくわからない、ということであるなら全国に支店のある大手にしておくとやはり間違いがなさそうです。

大手といえば、例えばどこかということでしたら、テレビCMなどでもおなじみのアリさんマーク引越社などです。
こういった大手は、会社が大規模である分、利用客もやはり大勢いるわけです。

ですから大抵のスタッフは経験を積んでいますし質の高い、スムーズな引っ越し作業が期待できます。電話回線の移動手続きも、引越しの時には考えなければなりません。
今は、固定電話があるのは当たり前という状況ではありませんが、引っ越しても生活に電話回線が必要だったら、電話会社との契約、あるいは転出転入などの意外と時間がかかるやりとりが生じます。書類の往復に手間取っていると、転居後すぐに電話回線を使うことはできません。
いわゆる引っ越しシーズンならば、なるべく早く手を打つに越したことはありません。一人暮らしの方が引越しするとベッドの移動は悩みの種です。
見積もりを複数業者に依頼すると安くなる、けど…
ロフトなしワンルームであれば、ベッドがあるとそれだけで狭く感じられます。

また、専門業者の腕を持ってしてもドアとベッドの大きさが合わず、搬入できなくなってしまう大変な話もあるようです。
そのような事態が考えられるのなら、布団の生活を試しに始めてみるといいかもしれません。少しでも引越しにかかる費用を安くしたいなら、引越し業者を決める際には必ず見積もりをとりましょう。
正確に見積もりを出してもらいたければ業者に来てもらうべきですが、それはちょっとできない、という場合はおよその荷物の量を電話で具体的に伝えるだけでもあてはまるプランを示してもらえます。他の業者の価格を伝えると他より安い値段で引き受けてくれることもありますからできればいくつかの業者から見積もりをとるようにしましょう。


梱包が大変なものはいくつかありますが、食器を包んで詰めるのは確かに大変です。


食器は割れ物が多く、細心の注意を払って梱包しなければ運搬中に破損する危険性が高まります。。


どこの世帯にも、薄いガラスの食器があるのではないでしょうか。薄いガラスでできた食器類は、内側に新聞紙などを詰めてから、外からも包み、業者に申し出て専用の箱をもらい、そこに入れるというように何重にも注意をして荷造りしておくと相当気持ちは楽になります。



自分の引越しでは、自分たちで運べないものだけ業者にお願いし、後の細かいものは自分たちで動かして、格安に抑えました。


荷物を全部移動させたところで、市役所で転入の手続きをしてきました。予想外のこともいろいろ起こりましたが、何人もの方が協力してくださり、嬉しい誤算でした。その日のうちにご近所さんに挨拶に伺い、やることはまだまだたくさんありますが、がんばります。